ニキビケアでキレイな肌作り~お肌ツルピカ美肌美人~

女性

肌トラブルのケア

男性医師

これからの予想

ニキビケアの治療は自分で治したりクリニックに通うなどの方法があります。肌トラブルは毎日のスキンケアや生活習慣の影響があるので、自分に合った方法を選ぶのが良いです。通院で治すなら皮膚科で処方された外用薬で、軟膏やクリームというような処方が多いです。外側からの治療では無く美容クリニックで行うなら、レーザーや局所注射などもあります。エステでもレーザーでケアしたりフェイシャルマッサージのような肌のターンオーバーを促す方法があります。何回も同じ場所に出来るとか症状が大きいと、一般的なニキビケア治療では無くて手術のような方法もありますから検討してみてください。これは面ぽう圧出と呼ばれるニキビケアで、主に白ニキビに行われます。表面的なニキビケアでは完治に時間がかかるので、繰り返し出来てなかなか治らない人や治療に時間をかける事が出来ない忙しい人に向いています。皮膚科で行われる方法では表面に小さな穴を開け、レーザーや針を使って毛穴の中に詰まった角質や皮脂などを取り出します。毛穴の中の汚れが無くなるのでニキビが再発しにくいですが、全く再発しなくなるわけではありません。しかし、早く大きなニキビを取り除きたい場合に有効な方法です。

特徴はどうか

ニキビケア治療には塗り薬を使用するのが簡単ですが、市販の物と病院で処方される物があります。市販のニキビケア治療を目的とした薬を使っても変化がない場合は病院へ行きましょう。自分の症状を診察してもらって理解する事もニキビケアにとって大事です。炎症がある赤ニキビには抗生物質が効果的ですし、毛穴のつまり予防にもなる薬もありますが刺激が強いので医師と相談したり説明をしっかり受けるようにします。昔から使われる事が多いのは硫黄製剤で、肌のターンオーバーを正常に戻す効果があります。軽症のニキビケアに向いていますが重度の症状や予防にはあまり向いていません。ニキビケアに強い薬を使う事に抵抗があるなら、漢方製剤で治す方法があります。しかし、漢方だけで完治する可能性は低いので根本的に治療したいのなら他の治療と併用するようにします。また、薬をメインに使用しない方法だとピーリングや局所注射、光やレーザーを照射する治療があります。肌質の改善から治すのならイオン導入や点滴治療だと、ニキビ部分だけでは無く肌全体のケアが出来ます。治すのと一緒にスキンケアが出来るので時間の短縮にもなります。どの治療法を選ぶかはそれぞれの特徴を理解して検討する事が大切です。

セルフケアと皮膚科

カウンセリング

ニキビケアは自分のニキビの状態に合わせ、毎日セルフケアを続けることが大切です。セルフケアだけで対処できない場合は皮膚科で治療できます。皮膚科では、健康保険が適用される治療と自費診療の両方が受けられます。

View Detail

肌質によって異なる

問診

ニキビケアは洗顔が基本と言われますが、洗顔のし過ぎなどによって逆効果になることもあります。また、ニキビ治療は肌質改善で発症回数を減らすことも可能です。発症が減らない場合には医師の診断を受けることがベストです。

View Detail

皮膚科を受診するときは

フェイス

皮膚科では様々なニキビ治療が行われています。健康保険が適用される薬もあり、ニキビの状態に合わせて処方されます。皮膚科で治療を受けるのと同時に、自宅でニキビケアを継続することでニキビを治すだけでなく予防にもつながります。

View Detail

ニキビは甘く見ない

注射

ニキビができたらスキンケアを変えましょう。洗顔で毛穴の汚れを取り除き、早めに保湿してください。ニキビの種類によってはニキビケア用の化粧品が向かないこともあります。ニキビができたら早めに治療することも大事です。

View Detail